今やスマートフォンの普及などにより株を始める人が増えてきました。長時間パソコンの前に座らずに外でも確認できる時代になりました。そんな気軽に始められる株についてご紹介いたします。

株の優待券って何?

株の優待券というのは文字通り、株主に与えられる優待になります。
優待券の種類というのは様々なものがありますが、優待券を配布している企業の商品やサービスを無料であるいは額面に応じた割引を受けることができるものなどが主流となります。
飲食チェーンを展開している企業などの場合、自社系列の店舗で使用をすることができる食事券、食事割引券などが配布されることが多いものとなっています。
小売店なども優待券を配布しているケースが多く、これも飲食チェーン展開をしている企業と同様に自社系列の店舗で使用をすることができる金券や割引券などを配布されることが多いものです。
交通インフラ関係の企業であれば交通機関の優待チケットなどを配布されていて、こちらも割引でチケットを購入できるあるいは一定の区間を無料で乗り降りできるといった特典があります。
優待券の使用回数というのは企業によっても異なるもので、使い切りとなるものから一定期間は何回でも使うことができるものなど様々なものがあります。
そのため、頻繁に利用する店などがある場合何回でも利用できる優待券というのは、大きな利回りの向上に役立ちます。
優待券を配る目的としては株主に対する還元の他、自社の宣伝といった意味合いも含まれていて特に最近は優待を目当てに投資をする人も多いものとなっているので、優待券による宣伝効果というのも大きなものとなっています。
株の優待券はあくまでもおまけのようなものと考える人もいるかも知れませんが、最近の優待人気を考えるとただのおまけと考えることができるものではなく、ものによっては高い利回りを得ることができるものもあるので優待の内容も考慮して投資をしてみましょう。

株とFXって違うの?

株とFXはどちらも個人に人気の投資対象のひとつとなっていますが、実際のこの違いがよくわかっていないという人も多いのではないでしょうか。
まず、株というのは企業の一部を購入するものであり、FXというのは簡単にいえば両替であり投資対象は為替となっています。
このふたつは、全く違う投資対象になっているのです。
株の場合には大きな企業もあれば小さな企業もあって安定性のあるものもあれば、業績不振でいつ倒産をしてもおかしくない企業まで様々です。
為替の場合には特定の国を投資対象とすることになりますから、信用の高い通貨や不安定な通貨というものもありますから株のようにある日突然価値がなくなってしまうということはほとんど考えられないものとなっています。
株は手持ちの資産の範囲で行う現物取引と呼ばれる方法と、証券会社からお金や株を借りて取引を行う信用取引と呼ばれるものがありますが、FXの場合には証拠金を用いて取引をするものとなっているのでこちらは仕組みとして信用取引を行っているようなものとなっています。
株の現物取引ではどれだけ損をしたとしても投資した金額以上に損をすることはありませんが、信用取引やFXの場合には投資した金額以上の損失を出してしまう恐れもあるのでリスク管理には十分気をつけなければなりません。
どちらが始めやすいのかというと数万円の資金しかないのであれば、FXの方が取引をしやすいといえます。
FXは証拠金を用いて所持金以上の金額を動かすことができるので、リスクも大きいのですが資金が少なければ万が一足が出るようなことになっても何百万と損する可能性は低いためFXの方が投資をしやすいといえます。
株の場合には現物だと借金になる可能性は少ないものの、あまりに資金が少ないと取引の柔軟性がなく難易度が高くなってしまいます。

株と消費税の関連性

株式市場というのは、通常は6か月程度先の経済状況を折り込む形で価格が推移すると言われています。
そのため、消費税が増税をされる6か月前ぐらいから、日本の株式は軟調になっていくケースが起こっています。
また、実際に消費税が増税をされて国内の実体経済が悪化していることが明らかになってくると、さらに日本の株式が売られることも起こってきます。
しかし、消費税の増税の反動減が数カ月から半年ぐらい続くと、消費としては通常の状態に徐々に戻っていくために株式市場は徐々に反転の兆しを見せることが起こり得ます。
また、消費税が増税されて6カ月後には、消費税増税の1年後以降の経済状況が株価に反映をされるようになってきます。
その頃には消費税の増税の影響がなくなることを株式が折り込むようになり、上昇相場に移っていくケースも出てきます。
日本においては消費税の増税後は、一時的に景気が落ち込むことが起こってきます。
そのため、政府では景気のテコ入れ策として、財政支出を増やして対応をすることが多くなっています。
したがって、消費税が増税されても、政府対策によって日本の株式は再び反転していく動きが出ています。
なお、最近の日本においては、消費税が5%から8%になった影響が長引くことが起こっています。
そのため、日本の代表的な株価指数も頭を押さえられてしまう状況が生まれています。
そうした中で政府では消費税を8%から10%に増税することを再延期しました。
仮に消費税が10%に増税することが行われた場合には、今年中にも相場が崩れる可能性があったと考えます。
しかし、消費税の増税が延期されたことで、今後も2年程度は消費税の影響を気にしなくても良い状況が生まれています。

★株入門者はまず株価を予想するサイトを見るのが賢明です
株価予想NAVI